« ロックな感じ | トップページ | 堺へ »

2008年3月 1日 (土)

自転車ツーキニスト

疋田智さん著「自転車ツーキニスト」という本を読みました。

自転車ツーキニスト (知恵の森文庫)

疋田智さんのデビュー作「自転車通勤で行こう」を大幅に
加筆修正されたこの本、
自転車好きのバイブルのような感じです。
この本の中に書いてある事(著者が出会った人々の事、行った場所以外)は
基本的に自転車が好きで人並み以上に自転車に乗っている人にとっては
誰もが感じる事です。
だから、もう自転車の素晴らしさがわかっているという人よりも
ママチャリから良い自転車に乗り換えようか迷っている人、
良い自転車が欲しいんだけどホームセンターに行けば1万円で
自転車が買えてしまうこの時代に何万円も出すのはもったいないのでは?
なんて思っている人にこそ読んで欲しいと思います。

以下の本文にこの本の全てが集約されているように思います。
「自転車で東京を走っていると、百人が百人とも理屈っぽくなってくる。
何故、東京は自転車だとこんなに走りにくいのか?
なぜ、車はこんなに渋滞しているのか?
この大量の排気ガスはどこに行き、どこに吸収されるのか?
なぜ、違法の駐車は野放しになっているのか?
などなど、交通や環境に思いを馳せる。
サドルの上でペダルを踏んでいる限り
頭は暇だから、そこで考えた事が取り留めもなくかつ、止めどなく拡がっていくのだろう。
そうした頭の中の妄想が最終的には交通改革につながり
地球環境になる。
たぶんこれは自転車をパートナーとして
日々生活しているする人、誰もが感じる事だろうと思う。
百人が百人とも皆エコロジストになっていく。」(本文抜粋)

僕はまだ、自家用車を所有しているので
作者の様なエコロジストではないのかもしれません。
しかし、以前よりも一層環境の事を考えるようになったのも事実だし、
以前よりも自動車に乗る頻度が減ったのも事実。

一人一人各人が少し自動車に乗るのを控えたら、
一人でも多くの人達が自転車に乗るようになったなら、
また少し世界が変わるのかもしれません。


|

« ロックな感じ | トップページ | 堺へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車ツーキニスト:

» sterling healthcare [sterling healthcare]
marking Vivian duke exalt,suitableness digressions [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 18時43分

« ロックな感じ | トップページ | 堺へ »