« 松竹新喜劇 | トップページ | iTunes8 »

2008年10月 2日 (木)

2人のアスリート

昨日は凄い一日でした。
一人のアスリートが競技人生の終焉を迎え
一人のアスリートが競技人生のピークを迎えようとしていました。

清原和博。
この人と桑田、PL学園のKKコンビが
僕が深く野球を見るきっかけのひとつだった。
桑田が今年早々に引退を表明。
そして昨日、清原が引退。
間違いなく一つの時代が終わったような気がした。

新庄のように惜しまれつつ辞めていく人もいれば
清原のようにボロボロになるまで頑張る人もいる。
どちらが良いなんて、僕らには判断できないけど、
僕はやはり、清原のような生き様に感銘を憶える。

このセレモニーを見て、イチロー、金本はいずれ来るであろう
自分達の引き際をどうするべきか、どう感じたんだろう?

長渕剛の「とんぼ」の熱唱は、失礼ながら ちょっと面白かったんだけど
それを含めて、素晴らしいセレモニー
清原選手のスピーチだったんじゃないでしょうか?

セレモニーが終わるのを待っていたかのように
チャンネルを変えると
魔裟斗 VS 佐藤嘉洋が始まった。
前評判はどうだったんだろう?
僕個人的には、佐藤に頑張って欲しいな〜という感じだった。
魔裟斗はもうええやろ。
K−1WORLD MAXも、もうそろそろ次のスターが出てこないと
ってのもあったし。
もちろん日本人で。
僕は、特に格闘技になるとナショナリズムが激しくなってくる。
とりあえず日本人頑張れ!
そうでなければ、空手家。

そんな事より、昨日の魔裟斗。
凄過ぎ。
セミファイナル・ファイナル共に、1度ダウンを奪われながらも
盛り返して、延長後判定勝ち。
なにか器の違いを見せつけられた感じ。
背負っているものの違いか。
おそらく、佐藤が魔裟斗に勝っていたとしても
ファイナルでキシェンコに完敗していたと思う。
それくらい、魔裟斗は目標としている所が頭一つ抜けていたように感じた。
解説者が言っていたように、もっと違う戦い方をすれば、
もう少し楽に勝てていたのかもしれない。

だけど、あえて打ち合いに持っていって
ダウンを奪われながらも向かっていく。
その姿に感動すら憶える。
2002年からK-1 MAXを支えてきた男の凄みです。

申し訳ないけど、少し前の清原の姿が霞んで見えた。
何度も書くけど、それくらい昨日の魔裟斗は凄かった。
興奮して、なかなか寝付けなかった。

今朝、スポーツ新聞を開いてみると
清原の姿が何ページにも渡って掲載されていた。
確かに彼の功績等と考えると当然かもしれない。
ただ、昨日1日だけの事を考えると
魔裟斗の扱いがちょっと少なすぎるような気がしました。

|

« 松竹新喜劇 | トップページ | iTunes8 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185884/24207739

この記事へのトラックバック一覧です: 2人のアスリート:

» 魔裟斗 動画 [youtube動画情報]
時間を止めてグラビアアイドルを襲っちゃう 動画ダウンロード ■男の世界 ■2人のアスリート ■魔裟斗 最強!最高! ■微妙 ■K1 MAX あわやの暴動について ■08年MAX頂点に立ったのは・・・K ■UFC 91 クートゥアvs.レスナー プロモ動画/ジョルジ...... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 (木) 23時40分

« 松竹新喜劇 | トップページ | iTunes8 »