« ヨガ〜ヒーリング | トップページ | ちょっと欲しい。 »

2009年1月18日 (日)

山下清展

伊丹市立美術館で開催されている
山下清展」へ行ってきました。

Img_0198

僕はもともと、絵画にそんなに興味があるわけでも無く
どちらかと言えば、こういう展覧会に行く時って
絵画よりも、その画家自体に興味があるから見に行きます。
ジミーちゃんや、岡本太郎、ゴッホなんかがそうなんですが
山下清もそう。

「裸の大将」のイメージが強く
放浪の旅と、その旅の途中でお世話になった土地の人達に
絵を残していったという印象の山下清。
でも実際は旅の理由は「美しい景色が見たかったから」であり、
貼り絵は旅から帰ってきてから制作したらしいです。
リュックサックの中身に画材道具はなく、
着替えとお茶碗やお箸、手拭い等と
護身用に5つの小石が入っていたそうです。

かなりの点数の作品が見る事ができて
見応えのある展示会でした。
貼り絵の他にも鉛筆でのスケッチや
ペン画、油絵、水彩画、皿絵や陶器など
いろいろ見る事ができます。
驚いたのは、どういう表現方法であれ
全てあの山下清の作風であるという事。
鉛筆でさえあの貼り絵のような雰囲気。

貼り絵を始めた頃は昆虫を描いていたが、
しばらくして学園生活を描き始めます。
この頃から技術の進歩が凄まじい。
それはもうビックリするくらいに。

個人的に今回良かったのは、
貼り絵は勿論なんですが、それ以外にも
ヨーロッパの風景を描いた水彩画であったり、
東海道五十三次等を描いたペン画ですね。
水彩画での色彩感覚や、
ペン画での点と線だけで濃淡や遠近の表現が凄い。

これだけ沢山の作品が見れて700円は格安ですね。
ついつい

Img_0200

いろいろ買っちゃいました。

|

« ヨガ〜ヒーリング | トップページ | ちょっと欲しい。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185884/27261484

この記事へのトラックバック一覧です: 山下清展:

« ヨガ〜ヒーリング | トップページ | ちょっと欲しい。 »