« 奈良ツアー | トップページ | 参考にさせてもらいました。 »

2009年3月17日 (火)

Pハンドルのブロンプトンと内装5段のブロンプトン

先日の奈良ツアーの時に
XinyiさんotakeさんのPハンドルのBROMPTONと
kimotoshiさんの内装5段のBROMPTONに
試乗させて頂きました。

Img_0483

Pハンドル。

P6rxtm

P6rxfd

こんなやつです。
その独特な形から、やはり購入する時に気になりながらも、
当時カタログ上ではチタンモデルしかなく
値段がバカ高いので、却下。
あのスポンジみたいなグリップもなんか
もっちゃりしてるな〜と思ってたんですが、
お二人とも、バーテープに交換されてて、
より締まって見えて良い感じ。

実際乗ってみると、よりその良さが実感できる。
いろんなポジションで握れるので、
長距離になれば手首への負担が減るでしょうし、
下の方を握るとより前傾姿勢になるので
よりスポーティな感じでも走れます。
普通は上側にブレーキが付いていますが
Xinyiさんのは下側にもブレーキを付けてられて、
より安心して下側を握って走れます。

BROMPTONのハンドルとしては、完璧。
PERFECTのPなんじゃないか?と思わせる程
見た目だけでは判断できない完成度です。
ちょっと交換したくなってきます。

kimotoshiさんのブロンプトン。
Bici Termini仕様の内装5段が装着されてます。
僕のは内装3×外装2段の6段なので
どうなのかな?って思っていましたが、
純正の6段は内装3段の間に増える感じですが、
kimotoshiさんのは軽い方に2段増やしてるとの事。
実際乗ってみると、やはり僕のとは少し違う感じ。
坂道とかはもっと楽でしょうね。
僕のを5段化して10段にするのもどうかと思うので
今の所、取り入れるつもりは無いですが、
購入時、こういう選択肢があったらな〜と思います。
内装だけの方がメンテナンスも楽そうやし
右手一本で全ての変速ができるというのも大きい。
今はもう慣れましたが、
暫くはほとんど内装だけしか使いませんでしたから。

ただちょっと羨ましいのがピカピカのリム。
これはちょっとうらやましいです。

それにしても、4人集まれば4人4様のブロンプトン。
僕のは殆ど見た目だけのカスタムですが、
面白いですね。

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

|

« 奈良ツアー | トップページ | 参考にさせてもらいました。 »

brompton」カテゴリの記事

コメント

このハンドルとステムの形が無かったら、こんなに
直ぐにブロンプトン買う事は無かったと思います。
この見た目にやられましたから。

実際乗ってみたら、ハンドルのお陰で長距離も
楽に乗れます。希少性があるのも人と同じのはあんまし
好みではない僕からしたら特に良い部分です。
ブレーキが上下2段も面白いでしょう?

まぁ、まだまだ進化して行きますから。


投稿: Xinyi Folders | 2009年3月19日 (木) 18時36分

>Xinyi Foldersさん
バーテープに交換されてるお二人のを見て
更に良く見えました。

ブレーキが上下2段がやっぱり良いですね。
見た目にも面白いし、実用性も抜群。
Pハンドルの良さを充分に引き出す
素晴らしいカスタムだと思いました。

更に進化していくXinyiさんのブロを見るのが楽しみです。

投稿: A2C | 2009年3月19日 (木) 22時06分

はじめまして

>BROMPTONのハンドルとしては、完璧。
PERFECTのPなんじゃないか?と思わせる程
見た目だけでは判断できない完成度です。

私もPハンドル興味があるんです。
でもPハンドルは実物を見たこともないです。(笑)
そんなによろしいですか?

握る箇所が増えるということでは長距離には有効ですよね。
私も大昔にドロップハンドルのスポルティーフに乗っていたのですが
テントと寝袋を持って山を越えたりして一日中走っていると
ハンドルのポジションが沢山あることが大変助かりました。
逆にポジションの少ないMハンドルだとツーリングはきついですよね。
睡眠時の寝相と同じで人間は一定の姿勢で長い間いるのは辛いです。
去年のミズタニのカタログには女性がP、M、SハンドルのBroに乗って比較をした写真が出ていました。
ミズタニのカタログを見て思ったのは
トップの位置をもう少し下げて、逆にボトムの位置はもう少し上がると
丁度よいポジションになるのではないかと思いました。
特にボトムポジションはBD-1以上に寝た姿勢です。
私、Broを購入する際にBD-1と試乗比較したのでBroのMハンドルに比べて
BD-1のポジションが低く視野が狭いことは経験しています。
よってボトムポジションはBroの性格上少し低過ぎるのではないかと推測するのです。
この辺を是非実際に乗って試したいと思いますが
周りにPハンドルどころかBro乗りがおりませんので仕方ありません。

すみません長くなりました。
失礼します。

投稿: mincoro | 2009年3月21日 (土) 00時41分

>mincoroさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

僕はmincoroさんのようにいろいろな自転車に
乗った経験が少ないので
他との対比はわからないのですし
あくまで試乗というレベルの話ですが
ボトムのポジションが低すぎるとは感じませんでした。
視野も特に狭くなるとも感じませんでした。
ドロップハンドルがあの形なのは、
やはりあの形が完成された形であって
長距離を乗るには多数のポジションで握れた方が良いですし
より、引き手を使いたい時には下の方を握ると思うんですが
ブロにしても当然そういう場面って出てくるのですが、
ドロップハンドルにしてしまうと、
折り畳む時に干渉してしまう恐れがあります。
そういう意味ではやはりPハンドルのあの独特な形に
するしかなかったのかなと。

ただ僕個人的には、ブロンプトンは見た目はやはり
クラシカルな方が好きなので、
グリップをバーテープに交換したとして
そういう雰囲気にできるかどうか考えどころですね。
逆に言えば、そこさえクリアできればPハンドルに交換
ってのも現実味がおびてきます。

投稿: A2C | 2009年3月21日 (土) 04時17分

こんにちは

>僕はmincoroさんのようにいろいろな自転車に
乗った経験が少ないので

私も経験少ないです。偉そうなこと書いてすみません。(笑)

>ボトムのポジションが低すぎるとは感じませんでした。
視野も特に狭くなるとも感じませんでした。

そうですか。やはり実際に試してみたいですね。

>ドロップハンドルにしてしまうと、
折り畳む時に干渉してしまう恐れがあります。
そういう意味ではやはりPハンドルのあの独特な形に
するしかなかったのかなと

Pハンドルはとても工夫されていますよね。
確かMハンドルとはステムの形状も異なっていたような記憶があります。

>ただ僕個人的には、ブロンプトンは見た目はやはり
クラシカルな方が好きなので、

私もMハンドルが好きです。Broの緩いというか柔らかい感じ
Mハンドルのおかげだと思います。
またMハンドルの乗車ポジションは独特ですね。
カメラのレンズに例えると
BD-1が70mmの望遠レンズならばBroは28mmの広角レンズ。
視野が広く、景色を見ながらゆっくり走ろうと言う気になります。

>逆に言えば、そこさえクリアできればPハンドルに交換
ってのも現実味がおびてきます。

Pハンドルだけに交換というのは先のステムの問題もあるので
専門店に相談された方がよいでしょうね。
折り畳みには問題なさそうですけど。

投稿: mincoro | 2009年3月21日 (土) 13時03分

>mincoroさん
こんばんは。
仰る通りステムの形状は違いますね。
ただ、Pハンドルにお乗りのお二方の話では、
特に問題無いようです。
今の所、すぐにというわけでも無いですし
今後そういう事になったとしたら
勿論Terminiさんに相談すると思います。

>視野が広く、景色を見ながらゆっくり走ろうと言う気になります。

ほんとそうですよね。
BROに乗ってると、必要以上にキョロキョロしてるような
気がしますね。

投稿: A2C | 2009年3月21日 (土) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185884/28664159

この記事へのトラックバック一覧です: Pハンドルのブロンプトンと内装5段のブロンプトン:

« 奈良ツアー | トップページ | 参考にさせてもらいました。 »