« のんびり土曜日 | トップページ | 手ぬぐい »

2009年6月21日 (日)

自信

ある人に言われました。
「あなたの根底にあるのは根拠の無い自信の無さ。
根拠が無いんだから、そんなの取っ払っちゃっていい。」
だって。

なんでこんな風になってしまったのかな?って振り返ってみる。

子供の頃、若い頃、自信満々な奴らがいっぱいいっぱい僕のまわりには居ました。
そんな奴らが大嫌いでした。
子供の頃のそんな奴らは、自信満々で、傲慢で、人の気持ちなんて考えなくって、
自分が何でも1番なんて思ってて
自信があるが故にそっから成長していないような気がして。
自分は絶対にそうなりたくないなってずっと思ってた。

今、自分のまわりを改めて見てみる。
今も変わらず、僕のまわりには自信満々の人達が居る。
でもその人達はきちんとまわりにも気配りができて、前向きで、
どんどん成長していって・・・。

最近、「言葉って言霊やから口に出すとどんどんそっちへ行ってしまう。
だからできるだけ、否定的な事は口にしたらダメ」
だっていろいろな人から言われる。
ていうか、僕がそうだって言うんではなく、
言葉ってそういうもんだって、不思議なくらいここ数ヶ月の間に
いろいろな人達からそう言う話を聞きます。
ある人なんかは僕がボソっと「最悪ですね・・」と言うと
「俺はその言葉は使わないけどね。」とまで。
そう言えば、数日前にはテレビで須藤元気までもがそういう話をしていた。

まさに天からのお告げのように
今、僕の耳に「否定的な事を口にしちゃダメ!」と入ってくる。

ほんまに子供の頃から、マイナスな方向に思考が行っちゃってるので、
まわりから見ると歯がゆいように感じるかもしれないけど、
少しづつ、ほんの少しづつでも、
そういう人達に近づく事ができたらなって最近ホンマにそう思います。




|

« のんびり土曜日 | トップページ | 手ぬぐい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
そうかい?今のA2Cさんで全然ええと僕は思うねんけど。
でも自分でこうなりたいと思ってそういう方向に向かうのは良いことでしょうね。
マイナス思考といえば僕もそんな面がありますよ。
まあぱーっと物買ったらどっかに吹っ飛びますけどね(笑)

投稿: kimotoshi | 2009年6月21日 (日) 12時19分

お。
そう言う事やで。
言葉が人を作るで。
そやから、「ポタリング」とか「まったり」とか「気をてらっただけの
外国語」とか意味の分かってない言葉使ってたら、その人自身
「意味の解らん人」と取られる。
なんか聞き慣れん言葉をさも解った様にコピペして使って
「解ってるつもり」の自分もイザと成った時にメッキが剥げる。
言葉は瞬発力があるのもあれば、ジワジワ効いて段々と
そう成るのもある。慢性化すると言うやつやね。
ほんで、口癖になってそう言う性格になる。そうなると、周りに集って
くる人間も似た様な発言、指向、言語感覚の人間ばかりになる。
けど、解ってるつもり、知ってるつもりの人間ばかりやから
実際には何にも解っても、知ってもない。
その人の思い込みだけで全てが進行してるんやね。

A2Cさん、ブログを書く事で、ここ迄内省出来た訳やん?
これは(も)、大変素晴らしい事やと思います。
そうやって、色々考えて言葉を選んだりして、試行錯誤しながら、
悩みながらも八尾史跡ツアーとか出来た訳やないですか?
まぁ、こう言う事に気付いて良かったんやと思いますよ。
自信持って下さい。
自信を持てば人にも光をあてられます。その光が人には
有り難い時があります。ちょっとづつ言葉を換えて行けば良い
だけの簡単な事です。


しかし、本文に書かれた幾つかの会話に心当たりあるなぁ(笑)

因に俺の言うてるのは「つかってはダメ」とか「使ったら
あかん」と言う否定形やないよ。「使わん方が(俺にとって)
良い」と言う事です。使う、使わんは飽くまでその人の自由。
個人的には否定形の言葉を使いたくないだけです。
他人ではなくて、飽くまで俺自身の為にね(^_−)−☆

投稿: Xinyi Folders | 2009年6月21日 (日) 12時24分

>kimotoshiさん
ありがとうございます。
今のままでも全然ええと言って貰えるのは
とても嬉しいです。
今、僕のまわりにいる人達、
kimotoshiさんはじめブロ仲間もそうですし
昔からの友人達もそうだけど、
凄い奴らが多すぎるんですね。
そういう人達にちょっとでも近づきたい。
そう思ってます。

投稿: A2C | 2009年6月21日 (日) 13時09分

>Xinyi Foldersさん
ありがとうございます。
ほんまお兄さんには・・・。

>因に俺の言うてるのは「つかってはダメ」とか「使ったらあかん」と言う否定形やないよ。

もちろんわかってます。
ただ今の僕にとっては、Xinyiさんのそういう何気ない一言が勉強になったりします。

そろそろお宅にハーゲンダッツの詰め合わせが
届く頃だと思います。


投稿: A2C | 2009年6月21日 (日) 13時18分

そうか。ほな、まったりとポタリングでも行けへんけ?


携帯を視よ

投稿: Xinyi Folders | 2009年6月21日 (日) 13時35分

>Xinyi Foldersさん
すまぬ・・・。

投稿: A2C | 2009年6月21日 (日) 13時38分

毎度です。
私も言霊はあると思っていますので、妻ともども出来るだけ否定的な言葉を言わないようにしています。
例えば・・・嫌い、と言わずに、好きではない、と言っているとか。
あまり考えすぎずに、A2Cさんのペースでぼちぼちと!

また食事に行きましょね~。

投稿: みやっち | 2009年6月21日 (日) 23時37分

>みやっちさん
ありがとうございます。
今、ちょうど僕の中でそういう時期なんだと思います。
仕事もプライベートもなんか凄いザワザワしてる感じがします。
今回何となく、今の気持ちを記しておかなければならないような気がして、ブログに上げてみました。
みなさんにコメント頂いて・・・ありがたいです。

食事、こちらこそお願いします。
みやっちのお誘いなら飛んで行きますよ。

投稿: A2C | 2009年6月21日 (日) 23時48分

皆さんのお言葉を読ませて頂いて…ご尤も。

私もいつ頃からか否定的な言葉を避ける様になりました。 否定は良い事を減らし、良くない事を増やすのだと感じたからです。
止むを得ず否定的もしくは反対の意を述べなければならない場合は、言葉と表現に気を付ける事にしています。 私の場合はその様な時に参考にするのは、本・文書に使われている言い回しですね。
中世や封建社会の時代を題材にした小説の中で、臣下が主君に否定・反対・叱責をする件での言い回し等は、特に参考になると考えています。 また、明らかに自分の志向や趣向とは反する人の行動を目の当りにしても、「自分の志向・趣向とは違うだけなのだ。 否定するのはまた別の事だ。」と自分に言い聞かせています。

『自分に自信を持つ』という事に関しては、非常に難しいと感じます。 『自分に自信を持つ』という事の意味は、『迷わない事』なのか? 一度出した意見や決断を絶対に変えないという『意固地さ』の事なのか? 人に対して『威圧的に振舞う態度』の事なのか? 
世の中には、これらを指して『自分に自信を持つ事』と解釈している人も多い様に感じられますが、私は少し違うと考えています。 そして自分が目指す人格・精神・道徳・礼節を身に着けて、少しでも『落ち着きのある大人』に近付きたいと思う、今日この頃です。

そう、A2Cさんみたいな『落ち着きのある大人』に…。
 

投稿: 盛豚 | 2009年6月23日 (火) 20時31分

>盛豚さん
ありがとうございます。

>自分の志向・趣向とは違うだけなのだ。 否定するのはまた別の事だ。

ほんまにそう。そういう事なんですよね。
ついつい自分の考え方と否定しがちなんですが、
そこを否定してしまうと、ただの頑固になってしまいますから。

>『意固地さ』の事なのか? 人に対して『威圧的に振舞う態度』の事なのか?

子供の頃の自信っていうのはホンマにそういう事やったんですね。
ただ今廻りを見ているとそうではないですね。
自信を持ちながら、きちんと礼節をわきまえた態度を
してらっしゃいますね。
少なくとも今、自分のまわりにいる人達、
古くからの友人も含めて、そういう人達だと感じています。
そういう意味では、僕は恵まれているのかもしれません。

僕が「落ち着きのある大人」かどうかはあれなんですが、
僕もそうありたいとは思っています。
ただ、今の僕は自信の無さから来る無口・・なだけ。
そこから脱皮しないといけませんね。

投稿: A2C | 2009年6月23日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185884/30207516

この記事へのトラックバック一覧です: 自信:

» 三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊土下座!週刊プロレス大増刷 [三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真]
三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊土下座!バックドロップ連続写真の週刊プロレス大増刷 [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 18時27分

« のんびり土曜日 | トップページ | 手ぬぐい »