« meme | トップページ | どこで見られてるやら »

2009年10月12日 (月)

岩湧山

3連休の最終日。
今日はXinyi Foldersさんとすみちゃんと
岩湧山へ行ってきました。

Img_0433

Xinyiさんの提案で、僕的には初めての試みですが
途中までブロで行っての登山です。

朝、北野田駅に集合。
ちょっとゴニョゴニョなので、まずは狭山池まで移動。
博物館を見学です。

Img_0401

いつもは壁に水が流れて、水のカーテンの様になってるらしいのですが、
なぜかこの日は流れてなく・・・
博物館の方に聞いたら「11時になったら流れます」との事だったのですが
11時になっても流れてなく・・・

この博物館、無料なのに狭山池の歴史が事細かく展示されていました。
今回はあまりゆっくりできなかったので、
またゆっくり来たいと思います。

近くの「のらや」で昼食、スーパーで買い出し後いよいよ出発です。

Img_0405

河内長野のいつもの神社で旅の安全を祈ります。

暫く進んで行くと

Img_0407

大阪とは思えない景色になってきます。
流石に山なので緩やかな登りが続きます。

Img_0412

岩湧の森に入ると湧き水が出ています。
長寿の水。沢山の人が汲みにこられてました。
ここからは更に登りがきつくなります。
僕は途中押しながらも四季彩館までブロンプトンで登って行きます。

Img_0413

かなり登ってきました。
四季彩館に自転車を置かせてもらっていよいよ登山。
この時点で15時くらいだったかな?
館内の人に聞くと、頂上までは1時間程度だとの事。
問題無いので頂上まで行く事に。

Img_0418

四季彩館近くに岩湧寺。
かなり古い建物で森の感じと相まってとても良い雰囲気です。
いよいよ本格的に登山道。
この時間から登り始めるのってあんまりなかったので、
とても新鮮でした。

Img_0420

傾きかけてきた太陽の光がええ感じですね。
ダイヤモンドトレイル合流後、山頂へ。

Img_0422

太陽の光が神々しい。

Img_0429

頂上到着です。

少し進むとちょっとだけ広場になってます。
展望が最高。

Img_0428

Img_0430

僕的には頂上からの眺めはこの辺の山の中で1番だと思います。
この時期はススキがとてもきれいでした。

だいぶ日も傾いてきたので、下山します。
登りの時とは違う道で下山。

Img_0441

途中展望台で、ジェットボイルで湯を沸かしてカップ麺を頂く。
やはり山で食べるカップ麺は最高です。
食事をしながら景色を楽しんでいると、どっぷり日も沈んで

Img_0449

夜景がとてもきれい。
素晴らしい眺め・・・ですが、
まさかこんな時間になると思ってなかったので
ライトを持ってきてなかった!
やはり山をなめると怖いです。キチッと用意はしとかんと・・・
暗闇の中を携帯電話の明かりと夜目が効くXinyiさんの目を頼りに下山。
大の大人3人が携帯電話をかざしての下山・・・
それはそれでワクワクして楽しかったです。
ちなみに

Img_0452

こんな感じ・・・。
ゆっくり、ゆっくり下山していると下の方から
懐中電灯の明かりと「お〜い!」の声が。
どうやら四季彩館の方があまりに遅いので探しに来てくれました。
ちょっと怒られるかな〜と思ったのですが、
凄く心配して頂いて、嬉しいのと共に申し訳なかったな〜との思いが・・・。
一歩間違えると大事だったな〜と少し反省。

Img_0451

もうすっかり夜・・・でもこれでも19時くらいです。
最後にもう一度四季彩館の方にお礼と謝罪をして
ブロで出発。

Img_0456

真っ暗闇の中をダイナモの明かりを頼りに延々下り。
高野山の下りも良かったけど、ココの下りも格別。
めちゃ気持ち良かったです。

Img_0458

そのまま自走で帰りました。

サイクリング&登山。
初めての試みでしたが、自走距離往復70キロ程、登山3時間程で
ちょうど良いバランスでした。

こんどはもう少し登山の量を増やして滝畑あたりまで行きましょう。

ありがとうございました。













にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

|

« meme | トップページ | どこで見られてるやら »

brompton」カテゴリの記事

コメント

頂上からの景色素晴らしいですね。

しかも夕暮れで感じいい。

ただ暗くなってからの山はやはり怖いですね。

投稿: tac-phen | 2009年10月13日 (火) 06時27分

>tac-phenさん
大峰に向けていい教訓になりました。
関西近郊の山だとついつい簡単に考えがちですが
気をつけないといけませんね。

投稿: A2C | 2009年10月13日 (火) 07時38分

こんばんは。
ブロの走行と登山を合わせるか。
なるほど、いいこと考えましたよね。
岩湧山は子供の頃、父親に連れられて登ったことがありましたが今の時期は山頂のススキが綺麗ですよね。
確かに真っ暗闇の登山道は怖いものがあるでしょう。

来週の大峰、よろしくです

投稿: kimotoshi | 2009年10月13日 (火) 17時29分

>kimotoshiさん
僕も思わん事は無かったんですが、
自転車の置き場所と体力的にどうかな?と思ってました。
しかし岩湧山は自走距離といい登山の距離といい絶妙でしたね。
山頂のススキはほんま綺麗でした。
大峰に向けて良い経験でしたね。

来週、こちらこそ宜しくです。

投稿: A2C | 2009年10月13日 (火) 21時42分

オモロかったですね。
岩湧山は何度か行ってるので、2+(二輪+)山で
行こうと思ってました。これの直前くらい迄はブロで
何度か行ってるので四季彩館迄行ければと思ってました。

しかし下山の際には周りに少し迷惑をかけてしまい
ましたね。でもあれも想定内の計画やったから
迎えに来られたのは可成り驚きました。過信は禁物
ですが一応何処かに行く時には自分の経験則から
ははみ出ない様にしてるので(人と行く時は絶対に)
あの位なら大丈夫ですね。ビビリ優先にしてたら
危険な目に遭う事はないでしょう。

投稿: Xinyi Folders | 2009年10月14日 (水) 02時20分

>Xinyi Foldersさん
昨日はありがとうございました。
楽しかったです。
自転車と登山の割合が僕的には丁度良かったです。
絶妙でした。

前回岩湧山へ行った時は午前中に下山できたので、
まさかあんな事になるとは僕的には想定外でしたね。
やはり用意だけでもしておくべきだと感じました。


投稿: A2C | 2009年10月14日 (水) 03時16分

山本さん代理の返事ありがとうございました。私はどんな話しでも楽しく聞かせてもらっています。会社の話しは「何で!」と思う事が多く「自分ならどうするかなぁ~?」と思いながら聞かせてもらっていますから大丈夫ですょ!前回はまた会社の為にと違い人が加わりこれから先どうなるか興味が深まりました(^o^)/
次回お会いするまでに何か変わっている事を祈ります。その中で毎日、ある意味楽しそうに仕事をしておられるのを感じました。
それから岩湧山のブログ見せて戴きました。私も登りたくなりましたが自転車にはかなり自信があるのですがママチャリでは無理かな(*^o^*)

投稿: 大屋妻 | 2009年10月14日 (水) 12時20分

キレイな景色やね。
お天気にも恵まれてよかった!
登山前日やのに、
最後までいてくれてありがとう!

投稿: babeefunk | 2009年10月14日 (水) 12時25分

>大屋妻さん
毎回名前違いますね(笑)
ママチャリだとキツいですね。さすがに。
大屋妻さんなら距離的には問題無さそうですが・・・
流石に坂はしんどいでしょうね。

投稿: A2C | 2009年10月14日 (水) 22時08分

>babeefunk
絶景でしたよ。
もし良かったら行きますか?登山だけでも(笑)
朝はゆっくりだったので問題無いですよ。

投稿: A2C | 2009年10月14日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185884/31762775

この記事へのトラックバック一覧です: 岩湧山:

« meme | トップページ | どこで見られてるやら »