« 音楽再生機器の話。 | トップページ | 江川卓×桑田真澄 »

2011年8月22日 (月)

罰ゲーム

久しぶりにガキの使いのDVDを見た。
僕の中でのガキの使い罰ゲーム3部作。

「24時間鬼ごっこ」「1泊2日廃旅館」「笑ってはいけない温泉旅館」の3本。
この頃のはホンマに罰ゲームだ。

ホンマに辛そうな緊張感が伝わってくっる。
24時間はココリコ・山崎の浜田イジメが秀逸。
あれを打ち合わせ無しでできる所がこのチームの凄い所だと思う。

当然、当時という事を踏まえてだけど。

廃旅館はやはりトイレの窓から女の子のシーン。
何回見ても面白い。

温泉旅館は何と言っても吹き矢。
コレ、今では放送できないやろね。たぶん。

確か大阪ではこの罰ゲーム放送されなくて、
僕は読売テレビの抗議の電話を入れたのを覚えてる。

ホンマにお尻に吹き矢が刺さってるからね。

あと遠藤の「古今東西、桑田圭祐のモノマネで緑色の物」。
これも面白い。バカバカしくて大好き。

笑ってはいけないはこの後、ゴールデン特番になり、年末特番になるんだけど
今や対決もせずに5人とも参加になってますからね・・・。
昨年末のはみてないけど。

緊張感が半端やないですよ。

この辺は「すべらない話」とかぶるのかもしれないけど、
やはり、回を重ねたり、放送時間が変わると
ゲストも豪華になったり、沢山お金が掛けれたりして
トラップも豪華になる分、何となく緊張感が薄れてきて、
ってなってしまいますね。

やってる事は面白いんだけどね・・・。趣旨が変わってくるというか・・・。

特に「笑ってはいけないシリーズ」は今年、またするかどうかわからないけど、
せめて、対決→罰ゲームという流れだけでも戻して貰えないかな~と
過去作品をみて改めて感じました。

|

« 音楽再生機器の話。 | トップページ | 江川卓×桑田真澄 »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今までガキの使いはほとんど見たことなかったんですが数年前友人宅で録画した笑ってはいけないを見て大爆笑しそれ以来年末のやつは欠かさず見てます。
でも、年々大笑いする場面が少なくなったような気がしますね。
人気が出て制作費とか融通が利くと番組を楽して制作しているような感じがします。
A2Cさんの言う緊張感がないってのはその辺りと同じ事かもしれませんね。

投稿: kimotoshi | 2011年8月23日 (火) 09時52分

>kimotoshiさん
おはようございます。
特にガキの使いは、深夜枠なので少ない製作費で
どれだけ面白い事ができるかみたいな所でやってる番組ですからね。

楽して・・・とは言わないまでも、やはり深夜ほどキツい事を
あの時間では無理なんでしょうね。
確かに年末の誰もが見てる時間帯で、
笑ったらお尻に吹き矢の矢が刺さる・・・なんてことをしたら
苦情の電話だらけなんでしょうけど。

投稿: A2C | 2011年8月23日 (火) 10時16分

ジュウシマツ和尚が印象に残ってます。
温泉旅館でしたよね確か。

投稿: otake | 2011年8月23日 (火) 10時34分

>otakeさん
細かいの覚えてますね。
お寺のやつですよね?たぶん湯河原のでしたよね。
温泉旅館に着くまでが長かった~。

投稿: A2C | 2011年8月23日 (火) 10時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罰ゲーム:

« 音楽再生機器の話。 | トップページ | 江川卓×桑田真澄 »