« 震災後初めてでした。 | トップページ | 行列 »

2012年4月 2日 (月)

なるほど。

先日、いつものように通勤時間に
ポッドキャストでラジオを聞いてたら、
堀井憲一郎さんが、ライター教室について
お話されてた。

定期的に講師として招かれるそうなんですが、
その時にやはり「ライターになるにはどうしたら・・・?」みたいな事を
よく聞かれるらしいのですが、
それに対して「身も蓋もないんだけど何でも良いから書くしかない」みたいな
事を話されてました。

もう体に染み付くまで書くしかないんだって。何でも良いから。

なるほど。
当たり前の事ですが、それを生業とされてる方の言葉なので
説得力もあります。

僕は今まで、そこまでコレになりたいなんて強く思った事はない。
何となく若い頃は音楽で・・・なんて夢みたいに思ってた頃はありましたが、
そのくらい。

で、当時ってやっぱり、「〇〇みたいになりたい」みたいな
憧れもありつつ〇〇みたいになるには、そればっかり聴いてるのもよくないと思ってて、
もっと色んな事に興味を持って・・・みたいに思ってて。
〇〇みたいになるには、〇〇が聴いてたような物を聴かにゃあとか。

そんな風に思ってた頃に例えば藤子不二雄Aの漫画「まんが道」とか読むと
手塚治虫がトキワ荘に集まる漫画家に対して
「もっと映画とか音楽とか、色んな事に興味を持たないとダメ」
みたいな話をする場面があったりとかして。

「でしょー!?」って当時は浅はかな知恵で思ってたりしたんだけど
これって今思うと結局、手塚治虫はプロの漫画家になって
トキワ荘に集まってくる人に対して
「これからは」という話をしたかったわけで、
漫画家を志す人に言ったわけではないんですよね。

やはり漫画家になるためには
それまでに体に染み付く程漫画を書いてきたはずで。

そこまで汲み取れなかった当時の自分には
当然、その後音楽の道なんて所には通じて無かった。

まあ、なんでもそうだと思う。
特別な仕事・・・とは今は思わないんだけど、
もう漫画家の様にそれだけで食ってける人の座る椅子の数が決まってるような、
例えば作家さんであったりとか、スポーツ選手であるとか、音楽家であるとか
芸人さんであったりとか、そういう人達ってのは、
もう、とりあえずそればっかりっていう時間が、
他の人よりは多かったはずで。

例えば、卓球の福原愛ちゃんのお母さんのお話で、
やっと中国の選手とかと積算練習時間が同じくらいになってきて
ようやく勝負できるようになってきた・・・みたいな話で、
ちっちゃい頃から卓球ばかりしてきたであろう
愛ちゃんでもそんなんなんですよね。

そういう事を今更・・・でもなく薄々気づいてたんだけど
改めて、やっぱりそうやな~と思いました。

ほんま、気がついたらギター触ってるとか
何かしながらでも気づいたらベースを弾いてるとか
その位、好きでないとスタートラインには立たせて貰えないんやな~
ということだと改めて思いました。

40過ぎだからダメなんて事でもなくて
今からでも本当にやりたいと思うのであれば
遅いなんてことは全く無いし

まあ、もっと他にやりたい事や、日々の何気ない日常も
今となってはそれが充分に楽しかったりするので、
後悔とかそんなんでも無いんですけど。

|

« 震災後初めてでした。 | トップページ | 行列 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185884/44674849

この記事へのトラックバック一覧です: なるほど。:

« 震災後初めてでした。 | トップページ | 行列 »