« 成長。 | トップページ | 不思議。 »

2014年3月13日 (木)

赤ちゃんができた。 その3

赤ちゃんができた。その1
赤ちゃんができた。その2

担当の先生に「10週間・・・」と言われ
夜中で電車も無い時間に病院からトボトボと歩いて帰りましたが、
お腹の赤ちゃんがどうということも無かったので、
そんなに呆然としたわけではありませんでした。

その瞬間はわりと
「赤ちゃんがくれたご褒美だと思って、最後の独身生活を楽しもう。」
くらいに思っていました。


ただ、休日出勤日だったので殆ど寝ずに会社行かなあかんな~くらいでw

過去に一人暮らしをした経験もあったし、

まあ、何とかなるやろうと。

とりあえずご飯どうしょうかな~とか。
洗濯はまあ、まとめてすりゃええかとか。
で、実際、1人での生活が始まる訳ですが、
当然と言えば当然、
思うのと実際にするのとは大違いで。

まず食事。
食材が残ってる時はまだ良かったのですが、
無くなった時に「そや。買い物行く暇無いやん」とか。

洗濯も休みの日にまとめて・・・とは当然いかず、
カミさんの着替えを洗濯して持って行ってやらないといけない・・・。
そうなると、ほぼ毎日洗濯機回して・・・となるし。
最初の1~2週間はほんま時間に振り回される日々で。

休みの日も、前もって「今日はアレしてコレして・・・」って予定を立てるんだけど
ちょっと一息・・・と思ったら「もうこんな時間や!」って慌てて用意して
病院行って・・・って。

で、数週間たった頃かな?
「もうええわ」ってなってかなり楽になりました。
時間の事はもういいって。

仕事終わって病院行って帰って食事作って後片付けして
その間に洗濯して、干して風呂入って・・・ていうのを
最初は◯時までにはしようって決めてたのですが、
まずそれを取っ払いました。

とりあえず洗濯はほぼ毎日せなあかんけど、
何時になっても良いや~って。寝る時間ちょっと減らしたら良いやんって。

休みの日も、掃除は出来る時だけでええわ~とか。
今日はココだけ掃除しよ~とか。


ええ加減にするようになってから、
かなり楽になりました。

そういう風に考えるようになれたのは、
この独身生活を経験して良かった事の一つですね。

退院後、その後の生活でも少し余裕を持つ事ができるようになりました。

|

« 成長。 | トップページ | 不思議。 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185884/55341464

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんができた。 その3:

« 成長。 | トップページ | 不思議。 »